岩盤浴でスッキリ健康デトックス

癒しの空間リフレッシュ岩盤浴

岩盤浴の石と遠赤外線その三

石の種類『麦飯石』

麦飯石(ばくはんせき)とは、中国で古来より「薬用の石」として用いられてきた石英斑岩のことです。
正式鉱物名は「花崗斑岩(かこうはんがん)」で、何億年も海底に眠り、海水の養分をたっぷり吸った花崗岩の一種です。
形状が麦飯(むぎめし)に似ているところから、中国では昔から麦飯石の名称で呼ばれてきました。
主な効果は、以下のとおりです。

☆ポイント:麦飯石には浄化作用があり、空気中の有害化学物質を吸着し、脱臭効果に優れています。

☆ポイント:水に含まれている有害物質を除去し、人体にとって欠かせないミネラル(カリウム・リン・鉄・銅・マンガン・マグネシウムなど)を溶出します。

☆ポイント:麦飯石は美容にも効果があり、肌の弾力性を高めます。

☆ポイント:遠赤外線を放射する作用があり、体を芯から温め発汗作用によって皮脂物質が排出されます。

また、低線量放射線の発生により、制酸作用などもあります。


石の種類『貴宝石』

日本の南アルプスで最近発見された自然界で最高レベルの遠赤外線放射エネルギーと、マイナスイオン発生量を持つ、今話題の水晶に近い天然の活性石です。
約3000万年前の地球造山運動のエネルギーを吸収・再放射しており、その素晴らしい効力は、自然環境の浄化や、健康産業の分野に広く利用されています。
特に、強力なマイナスイオン電子の働きで、ダイオキシンなどの環境汚染物質の毒性を短時間に分解し、還元するため、健康を望む多くの方の期待が寄せられています
遠赤外線放射率は、他の天然石よりはるかに大きい96.7%で、常温でも遠赤外線を放射する天然鉱石です。
マイナスイオンの発生量は、トルマリンをはるかに凌ぎ、電場磁場による共鳴共振作用とも呼ばれる、ある一種の波動を発生し、人体に気を注入し、気の巡りを良くする働きもあります。
天然ミネラルの供給作用や生命に必要な必須ミネラルを豊富に含んでいます。


石の種類『北投石』

北投石とは、温泉に浸っている岩の表面に温泉の成分が、年間0.05〜0.1mm程度のほんの僅かずつ結晶付着し、途方もない年月を経て形成された白色と褐色の縞状をなす鉱物です。
癒しの秘宝といわれる薬用石です。
世界でも秋田県玉川温泉(日本)、湯沢市川原毛硫黄鉱山(日本)、北投温泉(台湾)の3カ所でしか産出が確認されていません。
日本では、昭和27年、天然記念物に指定され、法律により採取等を禁止されています
台湾でも同様に保護規制され、国外持出しも禁止されています
そのため規制以前の僅かなものをのぞいて、現在では、一般に入手困難で貴重な鉱物とされています。
成分は、重晶石(硫酸バリウム)と硫酸鉛鉱(硫酸鉛)の中間であり、不純物としてラジウムなどの放射性元素を含んでいるため、放射性微量元素を含むことです。
ラジウム線以外にも、ほかのラジウム温泉では、ほとんど見られない「ラジオ鉛」「ポロニウム」「アクアチウム」「イオニウム」という放射線が放射されています。
放射性微量元素を多く含む北投石での岩盤浴は、その健康効果が多くの人に指示されています。


石の種類『祖母聖光石』

九州地方で世界最大級の阿蘇カルデラ火山誕生の歴史を凌ぐと言われる祖母山系の特定地帯で産出される波動石のことです。
中生代の地殻変動海底隆起など、地球創造の歴史で中心核を成した鉱床と思われ、極めて硬く帯状の筋が特徴です。
中生代の地殻変動海底隆起など地球創造の歴史で中心角を成した鉱石の持つエネルギーは、遠赤外線・マイナスイオンを越えた力を秘めています。
その性質の秘密は、透過力にあります。
天然岩は熱・水摩擦などによりその効果を発揮します。
水と配合することで水分に含まれる毒素を吸収除去あるいは弱毒素化し、本来、水の持つ良質なものに還元するので人体の内外から吸収することにより、体内よりは血液の流れを良くし、体外からは保湿性があるので、乾燥による肌の痛みを軽減する効果があります。

check

最終更新日:2016/10/11





癒しの空間リフレッシュ岩盤浴コピーライト